ノンアルコールの育毛剤を徹底調査!

アルコール入りの育毛剤を使用すると毛包細胞がほぼ全滅!?

毛包細胞全滅


無添加、無香料の育毛剤に騙されてはいけません!頭皮に一番大事なのは、無添加・無香料よりもアルコール(BG・グリセリン・エタノールなど)を使っていない育毛剤です。そこで、ノンアルコールの育毛剤を徹底調査しました。その結果、ほとんどの育毛剤にはアルコールが使われていました。アルコールを使っていない育毛剤を探すのが大変でした。

育毛剤名 エタノール BG グリセリン
世界初!分子ピーリングの発毛・育毛ミスト[M-1] 使っていない 使っていない 使っていない
リアップ 使っている 使っていない 使っていない
薬用ポリピュアEX 使っている 使っていない 使っていない
薬用育毛剤スカルプグロウF 使っている 使っている 使っていない
薬用育毛剤 柑気楼 使っている 使っている 使っていない
スカルプD薬用スカルプジェット 使っている 使っている 使っている
濃密育毛剤BUBKA(ブブカ) 使っている 使っている 使っている
チャップアップ(CHAPUP) 使っている 使っていない 使っている
育毛剤プランテル 使っている 使っている 使っている
薬用花蘭咲 使っている 使っていない 使っていない
薬用ナノインパクトプラス 使っている 使っている 使っている
薬用育毛剤 リッチハーベストローション 使っている 使っていない 使っていない
女性用無添加育毛剤 | マイナチュレ 使っている 使っていない 使っている

結論

香料・着色料・鉱物油・パラベン・石油系界面活性剤・タール系色素・紫外線吸収剤・合成ポリマー・動物性原料・酸化防止剤・シリコンなどを使用していなくて、無添加と謳っていても、アルコールは使っているという感じでした。

 

いまのところ、唯一のノンアルコール育毛剤は、世界初!分子ピーリングの発毛・育毛ミスト[M-1] という育毛剤だけです。

 

念には念を入れて、電話で実際に問い合わせてみました。

 

本当にノンアルコールですか?

はい。当社の商品は完全無添加です。飲んでも問題ありませんし、妊娠中でもご使用頂いても大丈夫です。

 

という、自信満々の回答でした。

 

しかも、この育毛剤、ノンアルコールにとどまらず、実は、イギリスで開催された第7回世界毛髪研究会議で最優秀賞を受賞しているという本物商品でした。

 

さらに詳しい内容は公式サイトで確認してみてください。もうあれこれ悩まずにこれを使ったほうがいいかもしれませんね。
⇒ サラヴィオ中央研究所<<公式サイト>>

髪の健康に役立つ成分と食品

髪の健康にいい食品とは、どんなものでしょう。最近は育毛剤の知名度がアップし、髪を増やすには食事ではなく育毛剤の使用だという印象を持っている人が多いようです。

 

 

毎日どんな食品を食べているかは、髪の健康にとっても非常に大事です。髪を健康にすることは、身体を健康にすることです。なぜなら、髪は頭皮でつくられており、頭皮の健康とは体の健康が元になっているためです。

 

健康な体は健康な髪と深く関わっていますし、健康な体であるためには健康にいい食品を食べることが大事です。

 

髪を作り出すために使う栄養成分は、血液を介して毛根に到達します。体のほうの栄養状態がよくなければ、体内に取り入れた栄養素はまず体へと使われます。臓器を維持し、動作させるほうが体にとっては重要だからです。

 

 

体がまず栄養を使い、使いきれなかった分が髪の栄養として回ってくるのです。毎日せっせと育毛剤を使い、育毛効果のあるシャンプーで洗髪をしていても、髪の健康にいい食品を食べていなければ意味がありません。

 

魚介類、大豆製品、肉類などを適量摂取することが、髪の健康にいいといいます。毛髪はケラチンというたんぱく質で構成されていますので、髪の材料としてたんぱく質が必要であるためです。

 

鉄分と亜鉛も、髪の再生に役立つ成分だと言われています。髪の健康を高めるために、必要な栄養を食品から確保することが大事です。

 

ノンアルコールの育毛剤だけではなく、食にも気をつかったほうがいいですね。

抜け毛の予防と原因

抜け毛というのは、夏から秋にかけての時期が多くなると言われていますが、年間を通して抜け毛の予防をする事が大切です。抜け毛の予防方法を考える時には抜け毛の原因について理解しておく必要があります。

 

過度の精神的なストレスによって、血管が細くなり毛根部に栄養が十分に行き渡らなくなったりします。洗髪料が髪に負担をかけていたり、ドライヤーの強風が髪にダメージを与えてしまっていることもあるようです。

 

紫外線による頭皮へのダメージ、喫煙やアルコールの過剰摂取のほか、不規則な生活や睡眠不足なども抜け毛の原因になります。一口に抜け毛といっても、いろいろな理由があるようです。

 

抜け毛の予防をする場合には、まずは抜け毛を起こしている原因を突き止める事が必要になります。喫煙やアルコールなど嗜好によるものが原因となっている場合もあるでしょう。

 

一気に止める事は難しいかも知れしれませんが、徐々に量を少なくしていく事だけでも抜け毛の予防に役立ちます。

 

最近は、紫外線対策の可能な帽子や服も販売されていますので、紫外線で抜け毛が増えている人は、紫外線を浴びないようにします。

 

紫外線が強くなると予想される日には外出を控えるようにして、なるべく紫外線が直接頭皮に当たらないようにする事で、抜け毛の予防になります。髪や頭皮にダメージょ蓄積させないことが、髪の健康には悲痛よです。