漢方薬での薄毛治療できるの?

漢方薬での薄毛治療できるの?

薄毛に悩んで治療法を探す人が男女ともに多くなっています。薄毛の理由は人によって様々です。加齢や遺伝など独力では改善できなかったり、複数の原因が複合している場合もあります。

 

皮膚科でも薄毛の治療は可能ですが、薬の副作用などが心配で、漢方を利用しているという人もいます。中国には、漢方を主体とした医術があり、体質を変えることで病気を治癒させるというアプローチで治療をしていきます。

 

漢方の考え方では、髪は「血が余ったもの」という考え方をします。血流不足や、血行がよくなかった場合、薄毛が関わっていると考えられます。

 

髪は健康状態を映しだすものと言われ、髪のつやがなくなったり、ぱさついている状態を血虚といいます。血が不足している状態のことで、補血を目的とした漢方薬を処方するなどします。

 

薄毛に対しては血液の流れが滞っていると考え、血流を改善するための漢方薬が処方されます。男性の育毛を考える場合、ストレスや、周囲の取り巻く態度などを考えてみる必要があります。

 

自律神経のバランスを整える漢方薬や、神経の昂ぶりを抑える漢方薬が治療に用いられます。薄毛の治療に対しては、なぜ薄毛ができやすくなっているかから始めていきます。