男性の薄毛治療にはどんなのがあるの?

男性の薄毛治療にはどんなのがあるの?

男性の薄毛には様々な原因があり、治療法もそれぞれ違います。原因には加齢やストレス、毛穴のつまり、男性ホルモンの影響があり、遺伝によるものも挙げられます。

 

40代以上の日本人男性の3割は、男性型脱毛症という薄毛に悩まされているといいます。新しく毛をつくるより、古い毛が抜ける周期が早くなることが男性型脱毛症の症状で、男性ホルモンが関わっています。

 

男性型脱毛症の治療には、フィナステリドやケトコナゾールなどのといった治療薬が使われます。抜け毛のサイクルが早くならないように、薬を使ってケアサイクルを調節するという働きがあるため、薄毛の治療ができます。

 

額の生えぎわや、頭頂部の髪が薄くなる男性特有の薄毛に対して、効果があることが知られています。薄毛の治療薬として世界60カ国以上で利用されており、日本国内でも販売されています。

 

1日1錠を毎日摂取することで、6カ月ほどで改善効果が実感できるようになります。薄毛のことで、本気で追い詰められている男性もいます。

 

薄毛に対してはかつらをかぶったり、ヘアケアに力を注ぐなど様々な方法があります。薄毛の治療のために薬を用いるというアプローチも、検討してみてください。